学校の沿革

明治39年4月 私立佐藤裁縫女学校、高崎市柳川町2番地に創設。(創立者・佐藤夕子)
明治44年4月 師範科卒業生に無試験検定により小学校専科正教員資格授与。
昭和18年4月 財団法人に組織変更、佐藤高等技芸女学校と改称、校舎を大橋町237番地に移転。
昭和23年4月 学校教育法による高等学校となり、佐藤技芸高等学校と改称。(設置科・家庭科)
昭和25年2月 校名を高崎技芸高等学校と改称。
昭和26年3月 学校法人佐藤学園に組織変更。
昭和29年8月 バレーボール全日本高等学校女子選手権大会で優勝。
昭和36年4月 商業科設置。
昭和36年6月 校名を佐藤学園高等学校と改称。
昭和38年4月 普通科設置。
昭和43年4月 附属幼稚園開園。
昭和55年4月 第一回留学生を受け入れる。
昭和59年 ワープロ教育導入。
昭和60年 パソコン教育導入。
昭和62年12月 高崎商科短期大学設立認可される。法人名を高崎佐藤学園に変更。
昭和63年4月 高崎商科短期大学(商学科)開学。校名を高崎商科短期大学附属高等学校と改称。
平成3年3月 情報システム科、情報経理科設置。
平成4年5月 家庭科廃止。
平成5年4月 高崎商科短期大学に秘書科設置。
平成6年3月 商業科廃止。
平成8年4月 情報システム科を国際情報科に名称変更。
平成13年4月 高崎商科大学(流通情報学部)開学。高崎商科大学短期大学部(現代ビジネス学科)開設。校名を高崎商科大学附属高等学校と改称。
平成14年4月 普通科特別進学コースに男子入学。
平成14年7月 並榎キャンパス完成。
平成15年3月 第22回全国高等学校空手道選抜大会女子個人組手優勝。
平成15年4月 国際情報科に男子入学。
平成16年4月 豊岡グラウンド完成。
平成17年4月 普通科進学コースに男子入学。
平成18年9月 フェンシング女子団体インターハイで全国優勝。
平成18年11月 創立100周年記念式典。
平成20年7月 アーチェリー男子団体インターハイで全国優勝。
平成20年8月 法人名を高崎商科大学に変更。
平成21年3月 フェンシング女子団体全国選抜大会優勝。
平成23年4月 総合ビジネス科設置。全学科・コース男女共学スタート。
平成25年4月 第6校舎完成。
平成26年3月 国際情報科、情報経理科廃止。
平成26年7月 第1校舎完成。