平成31年度入試

1月13日(日)に推薦・推薦特別奨学生入試、1月14日(月)に学業特別奨学生Ⅰ期入試が行われ、非常に多くの中学生の皆さんが受験しました。写真は、学業特別奨学生Ⅰ期入試の様子です。1月24日(木)には、学業特別奨学生Ⅱ期入試が行われます。

歳末募金(インターアクトクラブ)

多様なボランティアに取り組む高崎商科大附属高のインターアクトクラブ(市川紗未部長)は23日、JR高崎駅で年末恒例の募金活動を実施した。高崎南ロータリークラブ(松本金弥会長)と高崎セントラルロータリークラブ(関口朋克会長)も加わり、計56名が参加。募金箱や「歳末助け合い」と書かれたパネルを持ちながら、通行人や買い物客に「ご協力お願いします」と呼び掛けた(12月25日上毛新聞より抜粋)。

地域の伝承文化に学ぶコンテスト 優秀賞

國學院大學・高校生新聞社主催「地域の伝承文化に学ぶコンテスト」の地域民謡研究部門(団体)で社会部が優秀賞を受賞し、12月2日(日)に國學院大学渋谷キャンパスで表彰式が行われました。
優秀賞 「民間に根付く妖狐妖狸伝」高崎商科大学附属高等学校 社会部特選・特進男子
※外部サイトにリンクしています。

【地域の伝承文化に学ぶコンテスト】
各地域に伝わる昔話や伝説、郷土料理、方言などの身近な地域社会に目を向け、文化を掘り起こし向き合うことによって、自分たちにできることを考えるという目的のもと開催されているコンテスト。

歳末助け合い街頭募金

12月15日(土)13:30からボランティア部32名が、高崎地区青少年赤十字指導者協議会主催の歳末助け合い街頭募金を、高崎駅西口・東口周辺で行いました。今回の募金活動は、JRC部がある高崎市内の高校が集まって行いました。募金をしていただいたみなさん、ありがとうございました。

English Village(英語研修)

12月12日(水)・13日(木)にかけて、普通科特別進学国際コース2年生・1年生が、English Village MAEBASHIで英語研修を受けました。各自の英語力の向上や自分の意見を論理的に表現することなどを目的に、シミュレーション授業(Immigration、Shopping、Fast food、Hotel、Clinicなど)、討論(Discussion)、プレゼンテーション(Presentation)、料理(Cooking)、など外国人インストラクターとコミュニケーションをとりながら研修を受けました。

【英会話クイズ(初級)】空欄に当てはまる英単語を答えて下さい。(答えは、空欄をマウスでドラッグして下さい。Androidの方は空欄を長押し、iPadの方は長押し後調べるを押して下さい。)

問題1 滞在期間はどのくらいですか? (  How )(  long ) will you be staying here?
問題2 地下鉄の駅はどこですか? Where is the (  subway ) station?
問題3 写真を撮ってくれませんか? Could you (  take ) a picture of me?
問題4 窓際の席がよいのですが。 I would like a table (  by ) the window.
問題5 5時ごろに戻ります。 We’ll be back at ( around ) 5pm.

学生フォーミュラチーム(卒業生)

2003年から行われている全日本フォーミュラ大会に参加している群馬大学の学生フォーミュラチーム「GUFT(ガフト)-Gunma University Formula Team」に本校卒業生(理工学部機械知能システム理工学科3年)がチームの代表として参加し活躍しています。本校では、サポート企業として資金提供を行っています。

留学、研修で実践力

上毛新聞「教育ナウ」(12月2日朝刊)に本校が紹介されました。

高校ファイルー魅力ある学校づくり(61)
本校では、国際社会で活躍する人材を育てようと、語学教育に力をいれており、昨年、普通科特別進学国際コースを設置、コースの概略や、米や豪、英などに留学する制度、国際協力機構(JICA)を招いての討論、外国人に囲まれて英語で過ごすイングリッシュキャンプなどが紹介されました。また、全校生徒に対しては、アメリカシアトルへの海外研修、国際力向上プログラム2018と称した課外授業、3日間の日程で留学生を招いて英語によるグループ学習をする「エンパワーメントプログラム」、高崎商科大学と連携し実施したベトナム研修が紹介されました。