学校法人 高崎商科大学 高崎商科大学附属高等学校 TAKASAKI UNIVERSITY OF COMMERCE HIGH SCHOOL

学校法人 高崎商科大学 高崎商科大学附属高等学校 TAKASAKI UNIVERSITY OF COMMERCE HIGH SCHOOL

  • 検索
  • 対象者別メニュー
  • メインメニュー

学校の特色

商大附で実践・実現

高崎商科大学附属高等学校は、建学の精神「自主・自立」のもと、
目指す将来の進路実現に向けて、“グローバル社会で生きる力”を育む教育を大事にしています。
そのために本校では4つの力の向上を掲げています。

4 Abilities up!

人間力

校訓(親愛・礼節・整美)の実践と学校行事、クラブ活動やクラスメートとの充実した高校生活を通して人間関係を学び、人間力の向上を図ります。

知力

分かる授業をはじめ、補習や特別講座、各種検定取得に向けた手厚い指導を通して知力の向上を図ります。

国際力

海外研修や修学旅行、留学生との交流などを通して、日々海外に目を向け、国際的な視野を広げることで国際力の向上を図ります。

情報力

一人一人がICT※を活用した教育を受けられる環境で、自ら積極的に学ぶ姿勢やクラスメートとの協働学習を通して情報力の向上を図ります。

※ICT(Information and Communication Technology)=情報通信技術

グローバル社会で生きる力

主体性・積極性・チャレンジ精神・協調性・柔軟性・多様性・論理性・協働性

進路の実現へ

1.人間力

「自主・自立」の精神のもと、親愛・礼節・整美の校訓実践を励行し、商大附高祭、スポーツ祭、修学旅行、芸術鑑賞などの様々な学校行事や全国レベルのクラブ活動に力を入れています。また、クラスメートとの明るく楽しい毎日からも人間関係を学ぶことができます。

日帰り旅行

日帰り旅行

4月中旬に実施している日帰り旅行では、大学や博物館見学だけでなくディズニーリゾートやお台場などへも行っています。

商大附高祭

商大附高祭

隔年実施の文化祭は文化部各科各コースの発表の場として生徒自身が企画実施する店などが並び、賑わいます。

スポーツ祭

スポーツ祭

クラス単位で球技などに取り組むスポーツ祭を隔年で実施しています。仲間と一致団結することで結束力が培われます。

修学旅行(被爆者講話)

修学旅行(被爆者講話)

修学旅行は、校外での様々な体験や集団行動から社会性や礼節などを学び、自主・自立の精神を養う上で重要な行事です。

観劇

観劇

2年生の夏休みに観劇を実施しています。普段触れる機会の少ない本物のエンターテイメントを体感することができます。

芸術鑑賞

芸術鑑賞

様々な芸術に接することで豊かな感受性を養うことができます。

2.知力

各コースのカリキュラムに沿った授業や探究学習、将来を見据えた資格や検定取得に向けた指導などに加え、より分かる授業に特化し、ネットを介した大学受験対策講座や簿記講座の受講も可能で、全国レベルの実力が身につきます。

勉強合宿

勉強合宿

特進選抜・特進・特進国際コースでは大学受験実力養成合宿を夏休みに実施しています。講義と自習を中心とした3泊4日のカリキュラムで、温泉やおいしい食事でリフレッシュしながら学習に集中できます。

探求学習

探求学習

本校では、生徒自身が課題を見つけ、学び、考えてよりよく問題を解決する資質や能力を身につけられるよう、プレゼンテーションを実施しています。
探求学習の授業で大きく成長することができます。

ホールAプロジェクト(高大連携)

ホールAプロジェクト(高大連携)

総合ビジネス科において、公認会計士、税理士などを目指すために資格取得のプログラムや3年生が大学の授業を受けることができるなど附属高校の強みを活かしたプロジェクトを実施しています。

各種検定対策

各種検定対策

商業系の科目では、実務に直結する様々な資格取得のための授業を行っています。検定試験前には放課後に特別講座を設けるなど、より上位の資格取得を実現するカリキュラムです。

3.国際力

ユネスコスクール加盟申請校として、1年間のチャレンジ期間がスタートしました。従来から実施してきた海外教育事業の更なる充実に加え、高大連携事業ベトナムSSP、エンパワーメントプログラムなど、国際力向上のための多彩なカリキュラムを実施します。

「国際力向上プログラム2019」

-持続可能な開発のための教育(ESD)をめざして-

「主体的・対話的で深い学び」の実現

持続可能な開発のための教育(ESD)とユネスコスクール

持続可能な開発のための教育(ESD)とは?

ESD※は、持続可能な社会づくりの担い手を育む教育です。
ESDは、地球環境の課題を自分のこととして捉え、身近なところから取り組むことにより、課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。ユネスコ(UNESCO:国際連合教育科学文化機関)が中心となり、世界中で取り組まれています。

※ESD(Education for Sustainable Development)

教育の質を高めるESD
教育の質を高めるESD

ユネスコスクールとは

ユネスコの理想を実現するため、平和や国際的な連携を実践する学校であり、ユネスコが認定する学校です。現在、世界181か国で、11,000校以上のユネスコスクールがあります。
日本国内の加盟校は1,034校です(平成29年10月現在)

教育/ESDと持続可能な開発目標(SDGs)
教育/ESDと持続可能な開発目標(SDGs)

アメリカ海外教育研修

本校独自のプログラムに基づき、英語力の向上はもとより、国際的な視野を広げるためにもアメリカ人の一般家庭に滞在し、さらなるグローバル人材の育成を目的とします。原則として1家庭に1名滞在し、家族の一員として生活します。

Student’s Voice

私は元々英会話に興味があり、ネイティブの方々と3週間英語でコミュニケーションを取る良い機会だと思い、参加しました。初めの一週間は、英語がなかなか聞き取れず、コミュニケーションがうまくいきませんでした。私のHost family はあまり外出しなかったので、みんなが週末のことを楽しそうに話しているのが羨ましくて、思い切ってやりたいことリストを作り、Host family に見せたら「全てできるわ!今日は○○に行きましょう!」と言ってくれました。自分の思ったことを伝えられることができ、とても嬉しかったです。

エンパワーメントプログラム

グローバル化した社会に、自分たちはどのような意識を持って、何をしなくてはならないのか、これらのことを、まさにグローバルマインドを持った海外の大学生・大学院生との交流を通してとことん考え、その答えを自分自身で見つけ出すプログラムです。「エンパワー」とは「力をつける」という意味です。

Student’s Voice

私は、8月27日~29日の3日間で行われたエンパワーメントプログラムに参加しました。このプログラムは、外国人留学生と共に、小グループに分かれてテーマに沿ったディスカッション、その上での発表、プレゼンテーションを行うものです。これらは全て英語で行われ、生徒間での会話も全て英語で行われました。私はこのプログラムに参加し、志望校を決めるきっかけとなった夢を持ちました。このプログラムは英語能力を高めるだけでなく、自分のやりたいことを見つけられるものであると思います。

ベトナムショートステイプログラム(SSP)

高崎商科大学では、学生の成長を促すための海外プログラム「ベトナムショートステイプログラム」を4年前から実施しています。2018年度からは高大連携事業の一環として附属高校生も参加できるようになりました。“ 何か自分を変えてみたい方”“ 経験値を増やしたい方”に特にオススメなプログラムです。

Student’s Voice

私は、今年初めて行われたベトナムショートステイプログラムに、9月1日から9月7日の1週間参加してきました。高崎商科大学との連携プログラムであり大学からは3名、高校からは9名参加しました。SSPに参加して、私たちが知らなければならないベトナムの歴史を学ぶことができ、現地大学生や現地スタッフの方、1週間の生活の中でベトナムの人の優しさにたくさん助けられました。これから、このプログラムで学んだことを忘れずに何事にも挑戦していきたいです。

海外修学旅行

普通科特選、特進、特進国際コースの2年生は、マレーシアへ、総合ビジネス科の2 年生は台湾への修学旅行を実施します。現地での交流や異文化体験、ショートステイや企業訪問などを通じ、日本では経験することのできない空気に、新しい自分を発見できるでしょう。

International Week・English Camp(インターナショナルウイーク・イングリッシュキャンプ)

特別進学国際コースは、International WeekでJICAスタッフによるワークショップやディスカッション、English CampではCHUO Global Villageでの英会話合宿を通じ、国際力向上のための学習や英語力を養います。

JICA群馬デスクによるワークショップ、「世界一大きな授業」(JNNE教育協力NGOネットワーク)への参加

NPO法人やNPO法人のスタッフによる「SDGs(持続可能な開発目標)」、「ESD(持続可能な開発のための教育)」に関連したワークショップ等の学習活動を通じて、「世界の今」について学びます。

商大附留学生

本校では、毎年海外からの留学生を積極的に受け入れています。机を並べて学び、クラブ活動や学校行事を共に過ごすことで気づきや多様なコミュニケーション能力が身につきます。

Student’s Voice

私は9月にドイツから来ました。毎日全然違う教育制度を経験しています。日本は授業が長いですが、部活やお掃除などがあるので、退屈になりません。また、ドイツには保健や社会などの授業はありません。私は今、茶道部と美術部にいて、いつも楽しいです。ホストファミリーとは沖縄や金沢、富士山に行きました。和食やキャラ弁の作り方も教えてもらいました。ホームステイするチャンスをもらい、ありがとうございました。

4.情報力

全教室にWi-FiやLANを利用する環境が整います。タブレットなどのICT教材を利用しての授業や総合的な探究の時間、Classiやスタディサプリなどの学習支援ツールの活用で自ら学ぶ姿勢を身につけます。
また、パソコンなどの情報機器を活用する力や情報モラルを学び情報社会で不可欠な情報力を実現します。

全教室Wi-Fi導入×ICTやクラウドサービスを活用した多彩な学び

校舎内の全教室からインターネットにアクセスしたり、教室内で情報を共有できるように高速で安定したWi-Fi環境を構築します。各教室では最大で約50台の情報端末を接続することが可能です。これにより、情報端末を活用した授業で思考力や創造力を伸ばし、また、オンライン英会話や動画講義の利用などいつでもどこでも学べる環境が整い、学習を強力にバックアップしていきます。さらに、Classi等を利用して高校3年間の活動記録や学びをポートフォリオに蓄積し、新しい大学入試制度に対応していきます。

Classi(クラッシー)

生徒の主体的な学びを支援するクラウドサービスClassiで、日々の学習を振り返りながら質の高い学習ができます。

Classi(クラッシー)

スタディサプリ

休日や放課後学習のサポートとして、活用されているスタディサプリがお得に受講できます。動画講義をいつでもどこでも視聴して受験対策に。

スタディサプリ

Z会iPadスタイル

iPadでZ会の学習アプリを使用した学習ができます。映像授業を受講したり、苦手を克服したりするのに役立ち、効率的な学習が可能です。

Z会iPadスタイル

テレビモニター

全教室にテレビモニターが設置され、授業がより分かりやすくなりました。複数の教室で同時に授業を受けたり、校内スタジオからの生中継も視聴できます。

テレビモニター

情報学習に特化した情報教室

総合情報室

1.総合情報室

情報力醸成のための基礎知識や活用など総合的な情報学習の教室です。CGソフトやアプリ開発用のタブレットなど、最新のICTを落ち着いた雰囲気の中で学べます。

マルチメディア室

2.マルチメディア室

ホームページ作成やプログラミング実習、ビジネス系ソフトの習得、マルチメディアへの対応など、実践的な情報学習が行える教室です。

ICT教育ルーム

3.ICT教育ルーム

進学に必須のICT系基礎学習からビジネスに直結する知識、情報まで多岐にわたる情報学習が可能です。総合ビジネス科会計コースの授業などでも使用されます。

インターネット国際交流室

4.インターネット国際交流室

インターネット環境の中で英語学習などを中心としたソフトを充実させた教室です。大学受験にも重要なリスニングやTOEICの試験対策もできます。

ページトップへ戻る