学校法人 高崎商科大学 高崎商科大学附属高等学校 TAKASAKI UNIVERSITY OF COMMERCE HIGH SCHOOL

学校法人 高崎商科大学 高崎商科大学附属高等学校 TAKASAKI UNIVERSITY OF COMMERCE HIGH SCHOOL

  • 検索
  • 対象者別メニュー
  • メインメニュー

校長あいさつ

校長先生

 本校は1906年(明治39年)に私立佐藤裁縫女学校として開校し、今年は創立115年目を迎えています。これまでの卒業者数は39,432名となり、国内外問わずあらゆる分野において活躍しています。2001年には高崎商科大学の開学に伴い、高崎商科大学附属高等学校と改称しました。また、翌2002年より男女共学化を図り、19年目の現在、1年生男子の在籍も41%を占め、共学校としても地元になじみ、年々進学面や部活動においても素晴らしい実績をあげています。本校の特色の一つとして、生徒一人ひとりのニーズに応えた2学科7コースからなる編成とその目標を達成するためのカリキュラムがあります。また、昨年度からユネスコスクール加盟に向けて活動し、ESD(持続可能な開発のための教育)を推進し、授業や諸行事においても、国際社会共通の目標であるSDGsを意識した取り組みを行っています。
 本校はこれまでの教育の中で、「人間力」「知力」「国際力」「情報力」の四つの力の向上を大切にしてまいりました。この四つの力は、目まぐるしく変化するグローバル社会を生き抜き、社会に貢献できる人材としての社会人基礎力である「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」を醸成するための源泉です。それが人としての「強さ」となります。「主体的・対話的で深い学び」の視点を持つ授業、先輩や仲間と切磋琢磨し目標達成に向かう部活動、人間関係と情操とを養う学校行事を通じ、その取り組みの中で「強さ」を得た自分が発見できます。
 本校で3年間過ごす仲間や、情熱あふれる教職員と一緒になって、皆さんの漲る力を「強さ」に変えていきましょう。

高崎商科大学附属高等学校 校長 安齊 義宏

ページトップへ戻る