学校法人 高崎商科大学 高崎商科大学附属高等学校 TAKASAKI UNIVERSITY OF COMMERCE HIGH SCHOOL

学校法人 高崎商科大学 高崎商科大学附属高等学校 TAKASAKI UNIVERSITY OF COMMERCE HIGH SCHOOL

  • 検索
  • 対象者別メニュー
  • メインメニュー

校長あいさつ

『自主自立』と『校訓』の実践を通して未来の自分を創造しよう!

中学生の皆さん、ようこそ高崎商科大学附属高等学校ホームページへ!

1906年以来、本校は創立者佐藤夕子先生の唱えた『自主自立』を建学の理想とし、『親愛・礼節・整美』を校訓として、生徒は学習や部活動、学校行事や資格取得等、様々な活動に積極的に取り組み、それぞれの夢や目標に向かって日々努力を続け、本校は既に卒業生は38,905名を数え県内や全国で活躍しており、今後益々飛躍が期待されているところです。

本校は、2002年に男子を受け入れ、今年で男女共学18年目を迎え、年々共学化が進行している状況ですが、男子が現在全体の36%を占める若い息吹を感じさせる校風も合わせもつ高校であり、共学校としても地元になじみ、年々進学面、部活動面でも素晴らしい実績をあげています。

2006年には創立百周年記念式典が行われ、早十三年が経過致しましたが、この間、部活動においては、2008年七月にインターハイで、本校アーチェリー部男子が団体優勝、また、2009年三月にフェンシング部女子が全国選抜大会で団体優勝を果たすなど生徒は華々しい結果を残し、進学面でも2016年度は国公立大合格者が過去最多の41名になるなど、素晴らしい結果を残しています。

2016年には『創立百十周年記念事業』の一環としてのテニスコート移転、第一・第六校舎の建設、第三・第四校舎の耐震補強、エアコンの総入れ替え、全照明のLED化、野球グラウンドに至る道路舗装や駐車場整備等が完了し、生徒が安心して学習や部活動に取り組める快適な環境が整備されましたが、さらに、2019年3月には新たに2階建ての武道館が完成し、体育の授業を始めとして様々な部活動で、活用が可能となりました。

さて、生徒の皆さんは、これからは変化の時代、グローバル化の進展する時代を迎えてゆきます。そこでは、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」などが国境を越えて、行き交うことになります。また、「Think globally. Act locally.」(地球的な規模で物事を思考し、地域で行動しよう)という標語もありますが、本校は、これまでの教育の中で、「人間力」「知力」「国際力」「情報力」の四つの力の向上を大切にしてまいりました。これらの力は、主体性の求められる「グローバル社会」を生きぬく術(すべ)であると考えます。選挙権年齢はすでに18才に引き下げられ、これからは成人年齢も18才となってゆきます。皆さんは、座学だけでなく、自分の目を地域に世界に向けて、社会の課題について主体的に考えることがますます求められてゆきます。そこで、本校では今年度からユネスコスクール加盟に向けて取り組みを始めています。ユネスコスクールの掲げる17の目標から現在の本校の教育を見直したESD(持続可能な開発のための教育)を取り入れてまいります。さらに、キャリア教育の視点から、生徒一人ひとりの「ポートフォリオ」を作成し、3年間の「学び」の蓄積を行い、キャリアデザインを構築し、進路実現へと導きます。これらを通して生徒一人一人の「課題解決能力」や「コミュニケーション能力」を向上させることも期待されます。中学生の皆さん、本校で自己実現を図ってゆく仲間やそれを支援する情熱あふれる教職員と一緒になって、未来の自分を創造しませんか。

高崎商科大学附属高等学校 校 長 髙𣘺 洋一

ページトップへ戻る